書道教室を開くのに必要な資格とは?

書道教室を開くにあたっての資格ですが、毛筆の資格として文部省認定の「毛筆書写検定」
資格は4級から1級まであります。試験内容は、技法だけでなく理論なども問われます。
続きを読む

カテゴリー: スクール運営 | 書道教室を開くのに必要な資格とは? はコメントを受け付けていません。

せどりの平均収入を考える

今サラリーマンの平均収入は年々減ってきているのだそうです。
不況のこの世の中、万が一の為に副収入でもなければやってられませんよね。
続きを読む

カテゴリー: せどり | せどりの平均収入を考える はコメントを受け付けていません。

一般的なカルチャーセンターの講師料の基準

カルチャーセンターの講師料についてですが、講師委嘱料は一般的には受講生一人あたり、受講料の40パーセントだと言われます。
しかしカルチャーセンターのすべてがそうだということは言えません。
歩合制だと20%から60%の間になります。受講生数に関係なく固定の支払の場合は5千円から10万円の間になります。
続きを読む

カテゴリー: スクール運営 | 一般的なカルチャーセンターの講師料の基準 はコメントを受け付けていません。

送料はどうする?せどりで返品…

せっかく売れた本やCDも、残念ながら返品となるケースも少なくありません。
特に本の場合はパソコンの画面上で見える状態が人によって異なるため、届いたものが「イメージと違っていた」なんて突き返されることもあります。
返品を防ぐには、商品の状態を事細かにコメント欄にて記入することです。
続きを読む

カテゴリー: せどり | 送料はどうする?せどりで返品… はコメントを受け付けていません。

せどりでも、在庫管理の注意点

せどりを行ってきて、出品数が増えてきたりすると、在庫管理が大変になってきます。
特に扱っているジャンルが多い場合は、整理するのも一苦労です。
かといってあまり在庫を抱えないでせどりをするのも、あまり売上は望めないでしょう。
続きを読む

カテゴリー: せどり | せどりでも、在庫管理の注意点 はコメントを受け付けていません。

料理教室を開く時の条件等

料理教室の開き方ですが、自宅やカルチャーセンターのようなところで料理教室を開く場合は、とくに認可などを受ける必要はありませんが、学校法人などを設立する場合は各種学校設置基準に基づいた認可申請が必要になります。
続きを読む

カテゴリー: スクール運営 | 料理教室を開く時の条件等 はコメントを受け付けていません。

周期的にやってくるせどりの売れない時期

せどりをしていると、売れない時期というのが必ずやってくるようです。
それも周期的に来るというのですから、困ったものです。
この売れない時期をうまく乗り越えることこそ、せどりをうまくやるコツと言えます。
続きを読む

カテゴリー: せどり | 周期的にやってくるせどりの売れない時期 はコメントを受け付けていません。

ピアノ教室の開き方と運営方法の注意点

ピアノ教室の開き方ですが、オーナー兼講師、といった個人でアットホームな雰囲気で運営したいという場合であっても、最低限の規約は作っておいた方がいいと思います。
当たり前ですが、生徒さんには色々な考え方の人がいるからです。
生徒さんが気になるのは、やはり月謝の支払いや振り替えはしてくれるのかどうか等や欠席時のフォローのようです。
この点は最初からきちんと方針を決めておいたほがいいでしょう。
続きを読む

カテゴリー: スクール運営 | ピアノ教室の開き方と運営方法の注意点 はコメントを受け付けていません。

せどりで売れるジャンルとは?

せどりで売れるジャンルは、一つではありません。
せどりで扱う商品は古本だけに留まらず、DVD・CD・ゲームソフトなどがあります。
続きを読む

カテゴリー: せどり | せどりで売れるジャンルとは? はコメントを受け付けていません。

開く教室のネーミングを考える

自分で教室を始める場合、教室の名前は適当につけてはいけません。
一言でどんなところなのかが伝わるといいですよね。
英語がいいのか、ひらがなかカタカナかでも、受ける印象はかなり違ってきます。
続きを読む

カテゴリー: スクール運営 | 開く教室のネーミングを考える はコメントを受け付けていません。

仕入れ先は実店舗からネット書店に(電脳せどりとは)

古本店の実店舗で安く古本を仕入れ、ネットオークションなどで転売するのが通常のせどりですが、電脳せどりとは仕入れから売るまでネットで完結するやり方のことを言います。
続きを読む

カテゴリー: せどり | 仕入れ先は実店舗からネット書店に(電脳せどりとは) はコメントを受け付けていません。

気になるピアノの先生の収入額は?

ピアノの先生の収入で高収入を期待するのは難しいと思います。
楽器店でも個人教室であっても、年収350万は厳しいのが現実です。
ピアノを教えている人で先生として食べていける人はほんの一握りという厳しい世界です。
続きを読む

カテゴリー: スクール運営 | 気になるピアノの先生の収入額は? はコメントを受け付けていません。