せどりに必須の値札はがしの方法

せどりで仕入れる本は、中古本がほとんどですね。古本屋で仕入れた本には、値札が付いています。
これを商品として出品するには、丁寧に値札はがしをしなくてはいけません。

たまに小さな古本屋さんやフリマで、直接商品に値段を買いてしまっている場合もありますが、仕入れの段階で必ずチェックしましょう。
商品の価値が下がってしまいます。そういった商品は避けるのが賢明です。

シールをはがすには、温める方法とシール剥がしなどの液を使う方法があります。
温める方法では、ドライヤーを使うのが一番手軽だと思います。
値札を温めて剥がせば、結構キレイに取れる場合もあるのです。

はくり液の場合は、シール剥がし専用の液を使う場合のほか、マニキュアの除光液やライターオイルを使う方法があります。
ただし、その場合には注意が必要です。ものによっては色落ちしてしまうことがあるからです。
うっかり商品価値を落としてしまわないように、慎重に値札を剥がしましょう。

カテゴリー: せどり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。