ピアノの先生になるための方法

ピアノの先生になるには、ヤマハやカワイなどの看板をかかげないのであれば、資格は別に必要ありません。
特にピアノ科を出ている必要はありませんので、声楽科出身も作曲家出身の方で音楽大学を出ていなくてもピアノを教えている人は大勢います。
しかし、教えるからにはそれだけの技量と知識がないといけないので、やはりそれなりの先生に師事したことのある音大卒の方がプロフィール的には有利になります。

コンクールの入賞実績などがあれば実績としてホームページなどに載せるといいでしょう。

ピアノの教師は曲をなめらかに間違えなく弾くように指導することも大事なのかもしれませんが、その曲を通してどのように表現したらいいかをアドバイスすることがとても大事なことです。
ピアノ音は一色でなくその性格は様々なので、それを実現させるために必要なテクニックも弟子に習得させることができるのは難しいものです。

自分はここまでしか教えれらないから、この先は誰々の先生のところに行きなさいと言える度量の大きい先生は素晴らしいと思います。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。