カルチャースクールの講師になるには実力が必要

カルチャースクールの講師になるのは、実力を証明できるものがないと難しいと思います。
カルタチャーセンターの内容にあわせて、募集される講師内容もまったく違うものになるので、人があまり持っていない特技を持っている人の方が有利でそのぶん高いお給料で講師になれることもあります。

団体に所属して、講師の認定を受けるのが一般的です。またコンクール等の入賞経験などがあったり、作品の評価が高く名前が通ってりれば問題ないと思います。
カルチャースクールとは、前もって何の講座を開始するかを決めた上で講師の募集をするそうなので、直接スクールに出向いて仕事をもらう人も多いようです。

その場合はその場でどこまで出来るかを証明できないと難しいです。
市町村のカルチャースクールなどはお給料が安くて、なり手があまりいませんが、実績を積むにはいいかもしれません。
また全国展開しているスクールだとそこのスクールの師範等の資格と取らなければ講師として雇ってもらえないところもあります。

施設によっては、自分からどんな教室ができるかプレゼンをして、コースをつくってもらうという方法もあります。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。