自宅で書道教室をする時の心構え

自宅で書道教室を開き習字の先生になるには、生徒と一緒に学ぼうとする情熱が一番大事です。
一緒に学びながらでも、実技指導の資格を収得することも可能なのす。
教室を開く前は、技術や知識、スペースの確保、生徒の募集などのさまざまな不安がると思いますが、初めは2~3人からのスタートだとしても、生徒に精一杯の愛情で一生懸命に指導していれば、次第に生徒は増えるものです。

生徒数に応じて指導力も身に付いていくものです。書道教室を自宅で開設するにあたり特に資格などは必要ないのですが、やはり師範の免許などがあれば生徒が集めやすいと思います。
また習字の先生になっても書道家として自分を売り込むためには、数々の展覧会に出品したりしなければならないでしょう。
教室の雰囲気ですが、今の時代は「お習字より塾」なので、長く続けるこはほとんどいません。
書道家を目指して本気で習うような子も少なく、親御さんもそんなに真剣な思いで習わせていないので、怒ると辞めたり苦情が来るので保母さんのような感覚で接するといいかと思います。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。