絵画教室を開くにはどうするか?

絵画教室を開くには特に資格などは必要ありません。
しかしどうせ習うなら実績のある先生に習いたいと思うものですね。
趣味の延長で「絵画教室」を開設するのでなく、実際の事業として開業する場合には美大卒とか、どこそこの絵画展入賞などアピールできるものがあると集客の見込みなどが違うと思います。

教室は通りやすい駅前に確保するほうがいいようです。また教室での授業内容をどうするかも問題です。
墨絵と限定して場合普通の絵画教室より希望者が少なくなってしまします。
墨絵の他に水彩、鉛筆デッサン、油絵、日本画などが教えられるなら普通の絵画教室よりもバリエーションが豊富なので、他の教室との違いが出せると思います。

地域の情報誌に出す広告などには、ご自身の絵や目安になる経歴、具体的なカリキュラム(素人にも対応しているか)無料体験講座の案内や、入会金や月謝などを明記すると、教わる側は目安となり応募しやすくなります。教室のホームページやブログなどを立ち上げると集客力も違います。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。