ヨガ講師になるために勉強すること

ヨガ講師になるために勉強することですが、エクササイズとして指導するためには、インストラクター養成スクールに通い、必要な知識・スキルを身につけることが必要です。
ヨガインストラクター養成スクールは多く存在していて、中には課程が終了するとインストラクターの資格がもらえるスクールもあります。ヨガを教えるのに必要な資格は日本ではありません。

しかし民間のヨガインストラクター養成スクールが発行する修了書があれば、企業などの求人募集の時には有利になります。
全米ヨガアライアンスで資格を取ると世界約50ヶ国でヨガの指導が可能になるのでプロを目指す人は習得する人が多いようです。ヨガ講師の収入についてですが、運営する企業や業績、規模によって支払われる報酬は異なりますが、およその年収を平均すると350万円前後といったところです。

ヨガインストラクターはインストラクターのという仕事の中でもキャリアの長さが比較的報酬に比例する職種なので、同じスクールに長く働けば働くほど、お給料は上がっていくようです。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。