書道教室を開くのに必要な資格とは?

書道教室を開くにあたっての資格ですが、毛筆の資格として文部省認定の「毛筆書写検定」
資格は4級から1級まであります。試験内容は、技法だけでなく理論なども問われます。

とくに1級では書道史も出題されます。文字の成り立ちなどを理論づけて勉強することが大事です。
お手本に忠実に書くことができれば、4級、3級は合格できるようです。2級は応用力が必要で、1級は独創力が必要になります。
この1級に合格するれば、指導者として教室などを開くことができますが、独学では厳しいようです。しかもこの毛筆書写検定の収得を目的とした学校はあまり多くないようです。

書道教室は自宅から始めるのがリスクが少ないようです。初めから会館などを借りると使用料などを払うと当面は、赤字になると思います。教室の場所を選ぶポイントは、まず小中学校が近くにあり、通学路にも近ければ理想的です。
新興住宅の近くならなおさらベストです。また駐輪スペースの確保も大事なポイントです。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。