一般的なカルチャーセンターの講師料の基準

カルチャーセンターの講師料についてですが、講師委嘱料は一般的には受講生一人あたり、受講料の40パーセントだと言われます。
しかしカルチャーセンターのすべてがそうだということは言えません。
歩合制だと20%から60%の間になります。受講生数に関係なく固定の支払の場合は5千円から10万円の間になります。

経営方針として一律40パーセントと決めていいるカルチャーセンターが多いのは決めてしまえば、ある意味公平だからです。
人を集める実力があれば、たくさんの受講生がその先生のもとに来てくれれば歩合だと多くなります。
また人が集められなければ支払は少なくなります。

しかし教養講座のように、たくさんの人に話す講座は1人いくらの歩合よりも定額の方が自然のように思われます。
公的施設の講師謝礼が昔は2万円だったのですが、今は5万ぐらいのようです。公的施設の謝礼は原則定額です。
歩合だとリスクが少ないと思いますが、多くの受講生が集まる講座だと、定額の方がカルチャーセンターにとって得になります。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。