料理教室を開く時の条件等

料理教室の開き方ですが、自宅やカルチャーセンターのようなところで料理教室を開く場合は、とくに認可などを受ける必要はありませんが、学校法人などを設立する場合は各種学校設置基準に基づいた認可申請が必要になります。

教室の立地条件で重視したいのが、その地域にこれからはじめる料理教室のコンセプトにマッチする生徒がたくさんいるかどうかです。
もしくは、そういった生徒さんが通うことの出来る場所かどうか。
オフィス街に主婦向けの教室を開いたとしても、生徒集めに苦労するだけです。
女性だけを対象にせずに、男性や子供向け等ニーズに合った料理講座を積極的に開講し、対象層を広げるのも大事なことだと思います。

料理教室では、料理の作り方を教えるだけでなく、テーブルマナーやテーブルコーディネートなどのレッスンもあるものです。
固定的な時間帯だけでなく、自由な時間帯が選べるなど、たくさんの人が受講しやすいシステムで生徒の獲得をしていくのもいいでしょう。
レッスンの時間は1回2時間、週1回で半年または1年の基礎コースなどが一般的かもしれません。
生徒獲得のためには、教室の存在を認知してもらう方法としては、電車やバス、店舗掲示板への広告などが有効です。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。