文庫本せどりのいいところ

単に書籍のせどりといっても、ジャンルは様々です。
雑誌やハードカバー、写真集など、大きさも色々ですね。
本はCDやDVDと違って大きさもまちまちなので、送料も変わってきます。
そこで注目されるのが、サイズも小さい文庫本のせどりです。

文庫本のせどりのメリットは、なんといっても送料を安く抑えることができるということです。
サイズが小さいので、梱包も簡単です。

もうひとつの利点は、古本屋で探しやすいことです。
大きな古本屋さんでしたら、文庫本は著者順や出版社毎に整然と並んでいるので、お目当ての物が速く見つけられます。
こういったことから、文庫本に絞ってせどりをする人もいるぐらいです。

そして意外なことに、かなりのお宝が眠っている可能性もあるのです。
古本屋では一律105円ですが、数千円になることもしばしばあります。
これは常に文庫本の売れ線をリストアップしておくべきですね。
ただし、ライバルが増えてしまったことが難点で、売れ線を探すのも大変になりました。

カテゴリー: せどり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。