開く教室のネーミングを考える

自分で教室を始める場合、教室の名前は適当につけてはいけません。
一言でどんなところなのかが伝わるといいですよね。
英語がいいのか、ひらがなかカタカナかでも、受ける印象はかなり違ってきます。

まず大事なのは、覚えやすい名前かどうかです。
長ったらしいと覚えにくく、口コミも発生しにくくなってしまうでしょう。短く省略した呼び方なども考えた方がいいかもしれません。

次に、個性的なネーミングになっているかどうかが大切です。
誰でも考えるようなネーミングだと、例えばホームページを検索したときにあなたの教室を発見してもらうのが難しいでしょう。
自分の名前をインターネットで検索したことがあると思います。
同姓同名の人がたくさん出てきたのではないでしょうか。あなたが個性的な名前であれば、あなた以外には出てこないでしょう。
これからの時代は、生徒さんをあつめるのでもホームページやブログはかかせない道具です。教室名で検索したときに、すぐに見つからないようでは話になりません。
思いついた名前は、実際にGoogleなどで検索してみるといいでしょう。

また、言葉は思っているより多くの情報を伝えることが出来ます。
ネーミングから、何のスクールなのかイメージできる方が当然いいでしょう。

教室名の由来も語ることができると、説得力が出ます。
コンセプトに沿ったネーミングにしましょう。

カテゴリー: スクール運営   パーマリンク

コメントは受け付けていません。