仕入れ先は実店舗からネット書店に(電脳せどりとは)

古本店の実店舗で安く古本を仕入れ、ネットオークションなどで転売するのが通常のせどりですが、電脳せどりとは仕入れから売るまでネットで完結するやり方のことを言います。

要は、仕入先がネット書店になったということです。

電脳せどりにシフトする理由として考えられるのは、次のポイントです。
・せどらーが増え、ブックオフなどの実店舗にお宝が見当たらない
・近くに古本屋が無い
・本業を持っているので、できるだけ手間をかけたくない

ヤフオクやモバオク、ビッダーズや楽天オークションなどのオークションサイト、イーブックオフやライブドアブックスなどのオンライン書店などが仕入れ先として考えられます。

高値がつくような商品をいったいどうやって探すのか?
手間をかけたくないので、いちいちオークションサイトなどで自分で検索していてはらちが明かないですよね。
それに電脳せどりにもライバルが徐々に増えてきて、高値がつきそうな商品を探すのも一苦労です。

そこで利用するのが、自動検索ソフトや仕入れツールなのです。
お宝を検索するソフトは有料版も出回っています。
電脳せどりで稼いでいる人の中には、こういったツールをうまく利用している人もいるのです。

カテゴリー: せどり   パーマリンク

コメントは受け付けていません。